遊びで海外に行くなら片言でも、また日常会話がちょっとできれば充分です。しかし海外出張の場合、あくまでも仕事での渡航です。となればそれなりの英会話のレベルを、マスターしておかなくてはなりません。それはいわゆる、TOEFLが何点などという単純なものではなく、実際に仕事に役立つ英会話が必要だということです。

海外出張はあくまで仕事遊びでないのを心得て英会話を習得しておく

海外出張とは遊びではなくしっかりとした仕事だということ

海外出張と言うと、ちょっと心弾むものです。

海外への出張の機会が多いからと、仕事を選んだという人も結構いるはずですね。

しかしここで忘れてはならないのは、出張すなわち仕事だということです。

海外に仕事で行けて旅費もかからずラッキー、などという軽いものでは無いのです。

相手の会社との交渉や、それによって取り引きを成立させたり、自分の会社を売り込んだりと、かなりの責任をおって行うものです。

何よりもまず、自分の会社を代表として行くのだ、ということを忘れてはいけなせんね。

自分の品位や知識が、会社の評価にもつながる結果にもなります。

海外出張には短期のものも長期のものもあります。

どちらにもまずは言葉の問題をクリアする必要があります。

単に喋れるだけでなく、良い英会話ができると言う意味です。

それをしておかないと、会社自体のランクも低く見られてしまうことがあるからです。

海外出張を任されるためには、まずは言葉の問題から始めていきたいものですね。

海外出張①長期での出張の場合は語学は必須

会社側としても、無駄な人員を海外に送って会社のお金を無駄にするような真似は、しませんね。

なので特に長期の海外出張の場合、まず語学に堪能だということから人員の選択を始めます。

長期出張、海外派遣など目指すためには、最低限でも日常会話に困らない英語をマスターしたいところです。

できればその国も言葉ができれば最高なのですが、それでも英語はまだまだ世界の仕事での共通言語です。

この英語をしっかりと話せるということが、特に長期の海外出張に選ばれるための条件の1つになります。

海外の支店などでの長期出張を目指すためには、普段から英会話のレッスンをとっておくことが、その早道になりますね。

帰国子女などですでに英語の堪能な人の場合も、改めてスラングではない正確な英語も、学習しておくことをおすすめしたいです。

日常では軽い気取らないスラングも必要ですし、仕事では正確な英語も必要です。

使い分けのできるのも、長期海外出張の人員の条件になります。

海外出張②短期の海外出張には何よりも

短期、1週間位の海外出張というのは、海外と取引のある会社では珍しくありません。

職種にもよりますし、もちろんどの部署に配属されているかにもよります。

しかし特に営業関係にいる場合は、チャンスも大きいものです。

この場合、短期の出張ですから特に求められるのは即戦力です。

行ってすぐに相手側と交渉に入れるような、即戦力と慣れす人材かどうかです。

そのために必要なのはもちろん仕事の詳細な理解ですが、それを相手に伝えるための英語力も必須です。

職種によっての独特の言葉、単語というものがありますね。

テクニカルタームと呼ばれたりするものです。

これをしっかりと把握していないと、結果取引がうまく行かなくなってしまいます。

短期決戦で臨むつもりで、仕事の把握とそれを英会話で伝えるだけの英語力、養っておく必要がありますね。

特に営業職で会社の取引先が海外である場合、入社の時から覚悟して英会話力を身に着けておきましょう。

海外出張③英語力というのは欧米ではシビアに

海外出張で英語を使用というのは、当たり前と行った感があります。

とにかく相手に伝われば、というのは遊びで行く時のことです。

仕事での英会話は、それが出張で会社を代表している場合は特に、しっかりとしたものでなくてはなりません。

仕事内容に関してもですが、それ以外でも気をつけておきたいことがあります。

欧米の場合、もちろん日本人であるということから、ある程度のアクセントなどは仕方ないと了解してくれています。

しかし使っている英語の内容自体で、相手の立ち位置、上流の生まれなのか中流なのかの判断をしてきます。

特にラフなはずのアメリカで、この手の判断をシビアにしてきますので、注意が必要です。

アクセントなどはまだしも、文法や発音には気をつけたいものですね。

自分だけでなく会社の評価もくだされますので、良い英語を学んでおくことをおすすめしたいです。

海外出張と英会話は切っても切れない縁なので

海外出張は遊びではありません。

まあ時間が余ればちょっと寄り道、ということも出来ます。

脚手側の接待で、かなりのいいレストランなどに招待されることもあります。

普段では味わえない、ちょっとした楽しみにもなりますね。

しかしそれを味わう以前に、何よりも英会話をしっかりと見に付けておかないと、まず出張に行くチャンス自体失ってしまいます。

できるだけ英会話スクールなどで、しっかりとした英会話、文法も発音も習っておきたいものです。

この時に可能なら、アメリカ語でなく英語を学習しておきたいですね。

出張先がたとえアメリカ関係でも、イギリス語を話せるというのは武器になります。

逆にイギリス、ヨーロッパ関係が仕事先の場合、アメリカ英語では相手に侮られる危険性があります。

無意識に差別してくるので、注意が必要です。

意識的に差別されればわかりやすいのですが、無意識にやってくるので判別は難しいのです。

そうならないように、出張前というよりも会社に入社した時から準備するのがおすすめです。

中途半端でないしっかりとした英語、学べる学校を選んでください。

そしてもちろん、その仕事に関するテクニカルタームも把握しておきましょう。

これがないと仕事になりません。

かなり大変な道のりに思えるかもしれませんが、毎日やっていれば少しずつ進むものです。

海外出張で通じる、相手に尊敬されるような英会話、目指してください。

投稿日:

Copyright© オンライン英会話トークマン , 2019 All Rights Reserved.